とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

【読書】なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか つながりと健康格差

f:id:misomane:20190321183244j:image

『なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか

つながりと健康格差』

 

 

 

 

 

夫と別れても妻は…というタイトル。よく言われることですよね。

逆に1人残された男は苦労するという話もよく聞きます…。

すごくキャッチーなタイトルですが、内容はこれからの長寿社会に生きる人間には重要な事が多いと感じました。

イギリスでは孤独担当大臣が新設されたとのこと。世界的に人のつながりの重要性に注目が集まっているということですね。

200ページちょっとで読みやすいので一気に読めます。

 

居宅ケアマネは読むべき本?

自分の様に居宅のケアマネをやっていると、自宅にこもりがちな利用者さんに対して、

デイサービスなどに行って、

他者と交流することや、楽しみを持つことを勧める機会が多いです。

 

何となく漠然と、

閉じこもりは良くない、交流して刺激を受けることが認知症予防にもなる、筋力などの機能低下の予防になる。

と万能薬であるかのよう、教えられるし、に信じているからですね。

 

しかし実際のところはどうなのか…。

実は今ひとつわかっていない所があるし。すごく明確な根拠を持って言えているかは微妙だな。と思います。

 

しかしこの本は、コミュニティに所属すること、つながりを持つことが健康に良い影響を与えているという研究、論文をもとに、そのメリットについて説明されています。

 

それは、高齢期のつながりについてのみではなく。自分のような仕事をしている世代が対象になるような内容もあります。

 

週1回個人的に運動している人より、週1回運動はしないがサークルに参加している人の方が健康状態が良いと言った研究の紹介もあり。

人との週1回のつながりは同じ週1回の運動より健康のメリットは大きい。

そんな興味深い研究の紹介もありました。

 

 

自分にはハードルが高いところも。。。

人見知り、1人で過ごすのが好きな引きこもりがちな性格の自分には、自分の未来が心配になるような内容でもありますが…。

やはり、他者との関係を維持していくことが、人生において重要な意味を持つのは明らか。

これを知っているだけで、今後の生活のアプローチが変わってくるし。

自分もストレスにならない程度に、人との関係を持つことを意識して生活しよう。と思いました。

 

また仕事においても、この本を読む前より強く、利用者さんに外に出ることを勧めることができそうです。

 

まとめ

序盤にさっと読めるとか書きましたが。

専門的な用語や内容もあるので、複数回読むことでより深められる内容ですし。

この本から興味ある内容を、自分で改めて調べることでより自分の知識として深められそうだな。とも感じました。

今後に活かして行きたいと思います!!

 

とても参考になる本でしたー。

 

おしまい。

 

 

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村

素人おっさんのJリーグ雑感 第4節

 

こんばんは。

今週も勝手にJリーグの感想を書き綴っていきます。とはいえ今週は全て日曜日開催のJ1リーグ。これだとあまり試合数を見れません。

金Jって集客などの面で運営的な厳しさはあるものの、テレビで観る側にとってはかなり優しいですね。週末は欧州のサッカーもありますし、サッカーばかりに時間も避けないので、難しいところです。

サッカーの試合って1試合見ようと思うと、テレビ観戦でも約2時間は拘束されるわけですから。  

1試合見るだけでも、日常生活に与える影響は大きいですね。

ってことでDAZN観戦では、外出中でも安全に配慮すればスマホで観戦できるので、観戦環境としては、かなり良くなりましたので今節はほぼDAZN観戦でしたー。

 

複数の試合、ながら見で過ごしましたので、雑感もクソもありませんし、ゴールシーンはほとんどダイジェストで確認という体たらくですが。

それも含めおっさん的に印象に残ったことなど書いていきますー。

 

鳥栖ー磐田

1-0

予兆はあったものの、磐田の序盤の低空飛行は結構驚きです。

一人少ない、未勝利の鳥栖に負けたってのも、専門的なことはわかりませんが、インパクト大きい試合でした

なんとくな、磐田は取り上げられる選手が、旬を過ぎたけど名前が有名な選手。が多いのも気になります。

まだ序盤なのでわかりませんが、今後も低迷が続くと。名波監督の継続も微妙になりそうですね。

鳥栖は嫌な流れを交代で入った今年目玉のクエンカ選手が決勝点!!と、中断前にいい流れを作れましたねー。トーレス選手が怪我したのには、かなり嫌な雰囲気が漂ったでしょうから。

鳥栖は前線の選手層的にも今後期待できそうです。磐田心配。

 

大分ー横浜

2−0

この試合は今までの大分の試合踏まえても衝撃的でした。

これまで順調に来ている感のある、マリノス相手に2−0!!

得点シーンを見ても大分が完全に崩している印象でした(2点目はマリノスの守備も残念な印象も??)。

大分の勢いは本物だな!という感じ。

疑い深い自分的にもこの試合で大分の強さは確信に変わりました。と、言いつつも、実力拮抗のリーグなので、何かのきっかけで勝てなくなるということもあるし、まだまだわかりませんね。

中断後も含め、今年の大分は注目して行きたくなりました。大分について語れると、サッカー知ってる風になれそうですし(笑)

 

神戸ー清水

1−1

神戸は前半から清水の守備に苦しめられている印象でした。

前線から取りに来るチームは今年初めてだったように思いますし、清水の守備が連動できていたので、前半はほぼ清水の試合でした。

しかし後半に神戸の先制点。イニエスタのえぐりから、ポドルスキ

なんだかんだで得点シーンに顔を出すイニエスタ

終盤に、ミスから同点ということになりました。サンペール選手の交代含めやや油断?みたいな物を感じた後の失点だったので気になりました。

とはいえ鄭大世選手のシュートは相変わらず、素晴らしいですね。入った瞬間は興奮しました。

清水は前節の大敗から、うまく修正している印象でした。昨年の終盤はかなり好調でしたし、実力ある選手も多いので、今後向上して行きそうですね!

 

 

湘南ー仙台

2−1

今節一番遅い時間の試合。

湘南が仙台を下した試合ですが。湘南が相変わらず、前線からの守備ば機能していいて、ほとんど仙台のやりたいことができない展開でした。

仙台のFW長沢選手のところも、湘南のフレイレ選手がケアしてて、あまり試合に絡めていない印象でした。

湘南の先制点、3バックの右、しかもJFLから飛び級で加入した小野田選手のゴールとして話題になっていました。

しかし個人的には、(仙台の選手で個人的に注目してた)シマオマテ選手の守備がとっても緩慢な守備で残念でした。まさにアリバイディフェンス、というか、ディフェスともいえないくらいでしたが、小野田選手の後方で追いつこうという気持ちが見えないランニングでした。完全に人任せ。

前節神戸線では、汗かきもできて、フィジカルもあるといった好印象のボランチでしたが。やはり相手にビッグネームがいるということで、モチベーションが高かったんですかね。。。

とにかく少し残念なシーンもありました。

しかし湘南の3バックのうち二人が流れから足で点とったってのは湘南スタイルって感じですね。

仙台が終盤1点返したので、際どい印象の試合になりましたが、それまでは湘南の支配する試合という印象。

ちょっと仙台が心配になる試合でした。

仙台のことは自分が住んだこともある地なので、思い入れもあるので心配です。

 

まとめ

ということで、試合を観れたのはこの辺りです。

川崎が4試合未勝利というのも驚きです。が、まだJリーグは始まったばかり。

ACLも戦うチームは序盤苦戦するのもつきものですが。今週の中断挟んで、3月最終週からのJリーグもまた楽しみです!!!

あと、最後に書くのは失礼ですが、FC東京が堅実に強い!!やはり昨年からそうでしたが、組織立った守備は見ものです。

素人が見ても、守備時の陣形が綺麗です!これはJリーグでいちばんの様な気がします。そして永井選手の俊足。久保選手や東選手のテクニック。今年のFC東京これからもかなり楽しみです!

 

次節はG大阪ヴィッセル神戸を現地で見る予定にしているので、それも含めて楽しみです。

 

 

あと今週は代表ウィークですね。Jリーグは一休みして日本の代表のチームの試合楽しみましょうー。

 

以上おしまい。 

 

脱サッカー観戦初心者のために意識している3つのこと 戦術論?システム??  

 

はじめに

自分はサッカーのプレー経験は小学校くらいしかありません。それ以降は友人と遊びでサッカーするとか、大学の頃にフットサルをプレーしたくらい。

そのため、サッカーに対して本気で取り組んだことがない、初心者おっさんです。

しかしサッカー見るのは非常に好きです。特にJリーグは時間があれば、チェックするようにしています。

しかしある時気づいたんですが、観た試合数の割りに戦術などにまるで詳しくないということ。

考えてみれば、そりゃそうだなという理由があります。

「何も考えずに観ていたから」

なんでもそうですが、ただぼんやり試合をみているのと、何かを意識してみるのでは見え方が変わってきます。

せっかくサッカーの試合を見る機会が多い人生を送っているので、それに対して少し専門的に深めて行きたいと思っています。

 

そこで戦術について意識してみるようになりました。しかし、本を読んだりしても、いまひとつイメージがつかめません。

「これは全て理解するのは難しいな」と言うことで、まず初心者でもわかりそうな事柄だけでに絞って見るようにしよう。と思いました。

 

と言うことで、前置きが長くなりましたが、自分が「脱サッカー観戦初心者」を目指して、意識している点を3つについて書いていきたいと思います。

f:id:misomane:20190317192542j:image

 

 

①最終ラインの人数を数える

 

攻撃時の陣形はわけわからない

もともと自分はサッカーを見るときに、4-4-2だとか3-5-2だとかシステム論を語るのがあまり好きではありませんでした。

なぜなら、場面場面で違うし、ごちゃごちゃしてて全然わからないから・・・です。

 

システムシステムといいますが、いつもその陣形を崩さないわけではありません。攻撃しているときは、サイドバックは上がってるし、ゴール前にごちゃごちゃ人はいるしで、システムなんて全然わかりません

こういった攻撃時の戦術って、意図して行われていることと、偶発的に起こっていることが混在していると思うので、初心者が理解するのは困難だと感じています。

 

ディフェンス時は形を整えることが多い

そこで、自分は全てを理解するのはとりあえず諦めて、ディフェンスラインの枚数だけは数えてみる。と言うことをするようになりました。

これがわかることで、このチームがどういう考え方なのかを想像するスタートラインに立つことができます。

※テレビ中継の場合スタメンの紹介でシステムでますが、それでは見る目が向上しないので、自分の目で確認して数える練習をします。

 

②守備のスイッチに注目する。

引いて守るか、奪いに言って守るか

またまた守備のときの話になってしまうのですが、守備にはリトリート(後ろに引いて)守る守備と、前からボールを取りに行く守備と(素人にもわかる範囲で)2つあると思います。

 

守備に行くタイミングは、そのチームのスタイルや対戦相手との力関係によって、結構変わってきます。

戦術初心者の自分でもわかるくらいなので、結構わかりやすい事象だと思います。

メリットデメリット

前線から取りに行く守備は、ある意味攻撃のための守備で、相手のゴールに近いところでボールを奪えれば、ゴールまでの距離が近く相手の数も少ないという有利な状況で攻撃をすることができます。

反面、前から取りに行った選手の後ろに出来たスペースを上手く使われれば、ピンチにもなりますね。

 リトリートする守備は後ろの枚数が多いので弾き返しやすいですが、前に攻撃の選手が少ないので、攻め込まれる時間が長くなります。

どのようなやり方でもメリットもデメリットもあるので、どちらが良いと言うことはないと思いますが、そのチームの考え方がわかる事象ですね。

 

そこで守備のスイッチを見る

相手がディフェンスラインでまわしているときから追いかけまわすチームもありますし、ハーフライン超えるくらいからプレッシャーをかけるチームもあります。またそのタイミングは試合の中でも変化するように感じます。

 

また一人で追いかけるのではなく、がFWがボールを持っている相手にプレスに言ったら、ボールを持っていない相手にも他の選手がプレッシャーに行っているか見ることも必要です。よく連動した守備という解説がありますが。

一人が奪いに行ったら後ろの選手も反応して、パスコースを切る、パスの受けてをマークするなどができているか。この辺に注目していると。

「このチーム前線からの守備が連動しているな(していないな)」なんてコメントいえるようになり。ちょっと脱初心者感を醸し出せます。

 

 

③注目の選手を作る

事前情報を見て、そのチームの中心選手をチェックしておくようにしています。

得点を多く取っている、アシストが多い、ちょっと前に特集の記事を読んだ、単純に有名人などなど。

 

正直22人プラス交代選手の動きをチェックするのって初心者の自分には無理。なので、数人の注目選手を作っておきます。

そしてできれば、ボールを持っていない時にどんな動きをしているか。まで見るようにしています。

もちろん観戦中は、ボールを追ってみることが中心になるのですが。ボールを視野の恥で捉えながらボールが行きそうなところの、選手の動き、ディフェンスライン、そして注目選手の動きまで見るようにしています。

選手個人をチェックすることで、サッカー選手個人の特徴なんかも見る目が養われると考えています。

 

終わりに

サッカーっていろんな見方があって、面白いですが、戦術的なことなど難しいことも多いです。

単純に選手同士の局面局面の戦いだけを見ていても面白いのですが。戦術的なこともわかるようになっていきたいと思います。

そんなことで、自分なりに注目している点について書いてみました。

 

おしまい

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

川崎フロンターレーシドニーFC 等々力 ACL2019

 

f:id:misomane:20190313231047j:image

川崎1-0シドニーFC

現地観戦。

 

友人に誘われ、ありがたく観戦に。いつもありがとうございます。

 

川崎は怪我人が数人いる中でも、割と本気の人選で臨んだこの試合でした。

シドニーFCの事情は存じあげません。すいません…。

 

川崎は去年からACL勝ててないので、払拭したいところですね。

 

どちらが支配した試合か

最初から最後の話しをするようですが…

試合終了後にスタッツ確認。

シュート本数が川崎16ーシドニー2ってのが意外。でした。

というのも、やりたい事が出来ていたのはシドニーFCの方なのかな?という試合でした。

 

もちろん川崎の方が攻めていた試合でした。後半は特に。

しかしそれが効果的であったか?という事まで考えるとかなり微妙でした。パスがずれることも多かったですし。

 

シドニーFCの考え方は??

4-4-2でしっかり固めて守るシドニーFC

フィジカルコンタクトがあるシーンではシドニーが優位かな?という印象でした。逆に裏へのスピードは川崎の選手の方が優位そう。というのが全体的な印象でした。

実際長谷川選手はかなりチャンスを作れていました。

 

シドニーFCが、うまいなと思ったのは、前線から圧力をかけて奪いに行く守備をする時と、引いて守る時、の行く行かないの意思統一が図られていたところ。

 

逆に川崎は、前線がディフェンスラインにプレッシャーをかけても、ボランチ以降がついていかない。という展開が多々ある前半でした。

これに関しては川崎のFWレアンドロダミアン選手が、後ろに不満を示すシーンもありました。

 

上から見ている立場から言うと、川崎はもっと長谷川選手を使って活かしても良いのではないか?と言う試合でした。

それだけ左サイドは川崎が優位性を保てていました。

 

 

得点が全て。

先制点の前から川崎が攻める展開は徐々に増えていました。

シドニーも後半は前から守備に行く展開は減り、時間とともに「このまま終わらせてもいいよ」と言うささやきが聞こえているかのような展開でした。

 

そこで投入されたのが齋藤学選手。

もっと早く使ってもいいかな?とも思いましたが、長谷川選手も好調なだけに難しい交代カードだったのでしょう。

さて齋藤学選手。イメージではドリブル突破など、個で打開できる選手ですか。

 

今日はそういうシーンは多くありませんでしたが、フィニッシュを決めたという事でヒーローになりました。

得点決まった時は興奮しました。

枚数かけて攻めたので、相手のクリアしきれないボールがこぼれてきた感じでした。

後で映像見たらすごく落ち着いたフィニッシュで上手いなー。と感じました。

 

ってことで平日ど真ん中のこの試合。

久々のACL観戦楽しかったです。

シドニーが組織立っていいチームだと感じたとともに、やはり川崎強いな。と言う感想でした。

 

 

f:id:misomane:20190313235544j:image

帰りは居酒屋 東海道線で飲みながら帰りました。

終わり。

素人おっさんのJリーグ雑感 第3節

 

こんばんは。サッカー好きの素人おっさんのJリーグ雑感第3節です。

酒飲みながらダラダラ書いてます。すいません。

 

先週末は生観戦は出来ませんでしたのでdaznNHK観戦でした。

ながら見含めて4試合見ることが出来ました。ので感想。

 

鹿島-湘南

1-0

 

前半は五分五分

前半は拮抗した試合でした。チャンスの数はホームの鹿島がやや多いものの、ほぼ互角といった試合内容。

鹿島側が主審に対してフラストレーションを抱えるシーンが多く精神的に安定していない印象を受けました。湘南が弾際を激しくいっていたいので(いつもですが)、足に入るシーンも多かったんだと思います。

 

岡本選手の退場

しかしそんな中でしたが、前半終了間際に湘南の岡本選手が2枚目のイエローで退場。

1枚目もアフターで足裏を見せてのタックルだったのでレッドもあり得たファールでした。

イエロー2枚ですが1.5+0.5で退場という印象。

岡本選手はアグレッシブで良い選手ですが、この試合では裏目に。何となく、気合が裏目に出ているというか、カードもらいそうな雰囲気がありました。

リポータから監督からも「落ち着け」と声がかかっていると中継中に話があったように記憶しています。

その辺のサッカー選手の精神状況ってどんなものなのか興味があります。

 

鹿島が数的有利を活かすも内容には不満?

後半は数的優位の鹿島が先制、それ以降は点が必要な湘南も攻めにでてチャンスを作ってましたが決められず、鹿島もカウンターなどで決定機あるも決められず。試合終了。

 

まとめ

湘南は一人減ってからも、よく走って、勇気持って前にでていていい試合をしていた気がします。鹿島は、一人少ない相手を走らせて、どっかで2点目とって試合決める。ってのがいつもの鹿島っていう印象を勝手に持っているので。まだまだ本調子じゃないのかな?っていう印象。主力抜けているし仕方ないところですかね。

 

仙台-神戸

1−3

結局神戸の試合は毎試合見ています。

序盤

序盤仙台優勢。シマオ・マテ選手は良い選手でした。ボール奪取力に優れているし、体も強い。

神戸の中盤にスペースが空いてしまう状況で、三田選手のカバーするスペースが広大に見えて、バランスの悪い印象。しかし徐々に修正されたのか、山口蛍選手のボール奪取からワンタッチパスの連続→同点弾。以降は神戸ペースに。

後半開始直後の勝ち越し

後半開始直後に試合が動きました。キックオフの流れから、仙台が右サイドから攻めようと前に出たところを奪われ、裏を使われ、クロス、ビジャという流れるような流れで勝ち越し。

なんだかんだ言ってこれで決まったかな?という印象。

それ以降はオウンゴールのシーンも含めて、神戸が磐石の試合運びでした。

 

VIPのコンディション

試合毎にイニエスタ選手のコンディションも上がっている印象。パスの精度の高さ、ボール運びのうまさなど、随所に違いを見せてくれました

ポドルスキ選手も、強引に突破するなど力強いプレーが随所にあり、コンディション上がっている印象です。今後に更に期待です。

ビジャ選手は初戦から動けている印象を持ってましたが、点も取れてきてますね。

 

復興試合

神戸と仙台、どちらも震災のあった町。ということで復興マッチという名目で、NHKの解説の山本さんも、それに絡めたコメントが多かったですが。正直あまりいらなかったかな?と個人的には思います。復興に対する思いはあったとしても、試合は試合。それで特別気持ちが入っているとか、違う要素入れられるとゲームの解釈が難しくなります。

またサポートのトラブルもあったし、来年以降はやめたほうが良いという印象を受けました。

 

 

横浜-川崎

2−2

こちらは仙台-神戸見ながらなので、しっかり見れていません。

大島選手がコンディション不良で直前交代。心配です。試合は終了間際の川崎の勝ち越し点で決まったと思いきや、終了間際のコーナーでマリノスが追いつく。熱い試合展開でした。

川崎は明後日のACL観にいく予定なんですが、今年は試合内容では優位に進めるものの勝ちきれないですね。そろそろ流れを変えたいところですね

マリノスは好調。次節の大分-マリノスは特徴のあるチーム同士でかなり楽しみにしています。

 

 

東京-鳥栖

2−0

序盤

東京ペースで始まるも、永井選手の怪我で流れが変わりました。解説の方が話していたとおり、鳥栖のディフェンスラインにギャップが出来ることが多く、永井選手の裏への抜け出しが効果的だっただけに、交代以降はそういうシーンが減りました。

先週、生永井の好調を目撃しているだけに残念。

 

こちらも退場で流れが。。。

どちらも決定機が少ない固い試合。どちらかと言うと鳥栖が流れをつかんできたかな?クエンカ選手の投入で、ここから攻めに行くかな?というところでの高橋選手の退場。痛いですね。流れの悪いチームの象徴的な展開が起きてしまう。

結局終盤に東京の2ゴールで2-0(オウンゴールで先制ってのが鳥栖の辛いところ)。

 

やはり目がいく久保選手

久保選手やはりいいですね。先週は、永井のほうがいいよ。的なこと言っていましたが。

まーそれは事実だったんですが。しかし17歳で違いを見せている。今節はフル出場とアシスト。日本の宝ですねー。今後の活躍に期待!

 

審判の質

今節はどの試合も、審判の判定への不満が多かったように感じます。

いやいつもそうか・・・?

特にトーレスイニエスタのような大物があからさまに、審判の批判を口にしているシーンを見るとやはり日本の審判の質は低いのか?とへたれ日本人の自分は感じてしまいます。

 

鹿島-湘南の岡本選手の退場のシーン。2枚目のイエローのシーンのあと、鹿島優位の場面だったため審判は流してプレーさせました。

その後プレーが切れるまで少し時間がかかったため、退場のはずの岡本選手が少しの時間プレーしました。この判断が正しかったのか、気になります。

 

サッカーの判定の基準って曖昧なところも多いので、難しいとは思いますが。選手が審判への不満をアピールするシーンは正直気分のいいものではないです。選手の問題もあるのかもしれませんが・・・。

選手と審判のコミュニケーションが取れていれば、もう少し納得感を持ちながら試合を進められるとも思いますので、今後に期待したいところです。

 

と偉そうなこといって今日は終了!