とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

2018年サッカー観戦を振り返る

振り返ると言いつつたいして見れていないですが…。

生観戦は6試合。

 

川崎ーC大阪

川崎ーFC東京

湘南ー仙台

湘南ー神戸

川崎ー柏

横浜FCー東京V

 

神奈川はJリーグのチームが多いのでほぼ毎週どこかで試合してます。

その割にはあまり観戦できていないなーと。

 

写真が残ってる試合だけ振り返り。

 

・川崎ーFC東京 


f:id:misomane:20181219214619j:image

 

この頃のFC東京は戦術的に守れていて、見ていて堅いなー(守備が)という印象でしたが。先制したのが東京だったのもあり、その後は川崎もボール保持してもチャンスがほとんど作れないような試合だったと記憶してます。

守備がしっかりしていて、こういうチームがその後に失速するんだから、Jリーグは各チーム波が大きいリーグですね。

 

f:id:misomane:20181219214611j:image

 

・湘南ー神戸

 

この試合は完全にイニエスタ見に行きました。

いや、湘南を応援する気持ちもあったのですが、どうしても目がいくオーラ。

それにポドルスキ。ここに来年はビジャが来るんだから、凄いチームですね。

ただポドルスキの運動量の少なさと感情的になるシーンの多さがやや気になりました。

2点目のドリブルは迫力がありましたね。
f:id:misomane:20181219214554j:image

 

・川崎ー柏

柏が降格危機で迎えた、そして川崎は首位。

対照的な立ち位置で迎えた試合でした。この試合ではチーム状況がそのまま出た試合になってました。

普段とは違う?3バックの柏でしたが、相手にボール保持されるため両ウイングが下がり5バックみたいになる。中盤の枚数が少ないため、ただでさえポゼッションのうまい川崎に好き放題使われている印象ありました。

3−0川崎だったと思いますが、この試合を見た時は柏は降格だな。と思いました。

しかし、実際降格にはなったものの、監督交代後の終盤の連勝から見ても、Jリーグの読めなさというか。難しさを感じましたね。

同じく下位にいた、鳥栖が監督交代後負けなしで残留したこともあり、監督交代のタイミング次第では柏の残留もあったのかな?と思ってしまいます。

結果論ですがね。

 

f:id:misomane:20181219214547j:image
f:id:misomane:20181219214603j:image

 

横浜FCー東京V(昇格プレーオフ

引き分けでもOKな横浜FCと勝たなきゃいけない東京。

終盤のゴールで東京が勝ち抜け。磐田との最終戦に進出したわけですが。

横浜も点取るチャンスが多くあっただけに、残念でしたね。

こういうレギュレーションで試合をすると、終盤にドラマが起こりやすいですよね。

 

1点で立場が逆転するわけですから、試合時間85分前後からはそのままで良いチームは守る、得点が必要なチームは攻める。という展開に(本来の力の差は関係なく)なりがちです。

 

この試合は横浜のキーパーが痛んで試合が止まる時間があるなど、最後のアディショナルタイムがかなり長くなりました。

その結果、守る時間が長くなった横浜が最後のセットプレーで決壊してしまった。という印象を持ちました。

時間の使い方は難しいな。と感じた試合でした。


f:id:misomane:20181219214623j:image

 

どのチームもサポーターの応援も様々ですし、スタジアムにも特色があるので、来年はいろんなチームの試合に行きたいです。

 

10試合以上を目標!