とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

肩こり対策にファイテンパワーテープ

f:id:misomane:20190113165216j:image

肩がこる。

いつの間にか、悩まされるようになったこの身体症状。

 

子供の頃は、親からこづかい貰うために、肩たたきなんかしたもんですが、その時は肩こりなんてもの理解不能でした。

なぜ肩を叩かれて喜んでるんだうちの親は・・・。と子供ながらに疑問を感じていました。

 

しかしすっかりおっさんになった今、車の運転、パソコン、スマホ、ストレス…いろんな事が相まって立派な肩こり人間になりました

 

肩こりを感じても、なるべく「気持ちの問題だろう」と、気にしない事を心に決めてましてが、当たり前ですが全く効果はありません。

「肩こりとはこう言うことか」と…。

 

しかし、ケアマネの仕事の半分はデスクワークです。

またこの仕事を続けていく以上、ストレスとは切っても離せない関係でしょう。いや、仕事なんてどれもそんなもんですかね。。。

 

ですが最近この肩こりの対策で効果があると感じているアイテムがあります。

 

それが

 

ファイテンパワーテープ

 

ファイテン(phiten) パワーテープ X30 50マーク

ファイテン(phiten) パワーテープ X30 50マーク

 

 

ということで誰もが知っているアイテムを、 今更ご紹介する。

 

 

 

 

ファイテンとの出会い

そもそもファイテンパワーテープとの出会いは、妻が自分に合う枕を探したいと言い。

職場の人に勧められて、ファイテンの直営店に行ったのがきっかけでした。

 

ここからは正直店員に言われるがままの内容なんですが、、、

 

店員が言うにはファイテンの商品にはリラックス効果というものがあるらしい。

 

何とも怪しい。とその時の自分は思いました。

よくある健康用品詐欺かと、真面目に話を聞く嫁をよそに、熟年夫婦のオヤジのようにつまらなそう、興味なさそうに適度な距離を開けてフラフラしてました。

 

すると、何やら参加型のデモンストレーションが始まりました。

「変なこと始めたな。。。」と思いつつ少し近くで様子を伺う自分。

 

2ℓペットボトルを2本くっつけたもの(4kg)を出してきて、

店員「片手で持てみてください」と言うのです。

 

4kgのペットボトルを持ち

嫁「重い」

店員「それではファイテンの枕を抱えながら持ち上げてみてください。」

 

枕を抱えながら持ち上げる

嫁「さっきより軽い」

 

……。

 

嘘だーー絶対嘘だーー。と心で叫ぶ自分。

すぐに影響されて騙されるんだから・・・という呆れた顔を全力でしているのがバレたのか、店員から「是非やってみてください」と言われる。

 

試さないで文句を言うのも違うと思い、嫌々ながらやってみる。

・枕を持たないでで持つペットボトル(4kg)を持つ

自分「重いです」

 

・ファイテンの枕を抱えながら同じペットボトルを持つ。

自分「・・・・・・さっきより軽いです」

 

なんと枕を抱えないで持つより軽く感じたのです。

これにはびっくり。絶対騙されまいと思い持ったのにまんまと、店員が求めてるリアクションをしてしまったのです。

 

これはリラックスする(血行改善する?)ことが、パフォーマンスの向上につながる。ということのようです。だからスポーツ選手が使っていたりするんですね。。。

 

この体験で、すっかり(あっさり)ファイテンの効果を信じ込んだ自分は、肩こりについて相談しました。

そこで進められたのが、ファイテンのパワーテープとローションでした。

 

 

ファイテン(phiten) メタックスローション 480ml

ファイテン(phiten) メタックスローション 480ml

 

 

ファイテンの貼り方

店員から勧められたファイテンの貼り方は、

 

1、首をかしげるように横に倒す。

2、伸びた方でで(張りがあるなど)きになる場所にテープを貼る。

3、首を元に戻す。

4、もう一度同じ方向に倒す。

5、さっき時になる場所が変わるので、そこにまたテープを貼る。

 

この作業を繰り返し気になる箇所がなくなるまで首から肩にテープを貼り続けるという方法です。

これを左右両方行い、テープを貼ることで肩こりが軽減します。

 

パワーテープは、痒みが出たりしない限りは剥がれるまでつけてていいですよ。

という説明を受けましたので、そのようにしています。

ただ自分の場合1日付けていると痒みが出たりするので、その時は剥がします。

 

またファイテンのローションの場合は肩全体に塗ることで、効果が出るとのことで、手軽に広範囲カバーできるので使いやすいです。

自分としては、テープを貼ってる感があった方が効いてる気がする(気持ちの問題)のでテープ派です。

 

デメリット

・先ほども書きましたが、肌が弱いと痒みが出る可能性があります。

そういう方はローションタイプの方が合っているのかもしれません。

・またテープは貼りっぱなしにしているので、首などに貼ると見えてしまうので人によっては気になるかも。。。

たまに話しかけて欲しくない人に「何貼ってんの?」なんて話しかけたりすることもあります。

・風呂に入ったりする時に気づかずに剥がれる事が多いです。そのため排水口にテープが落ちている、体を拭いたタオルにテープがついて一緒に洗濯する。なんて事がよくあるので、要注意です。

 

まとめ

僕個人としては、ファイテンのパワーテープはとても信頼していますし、効果があると感じています。

もしかしたら効果があると信じる気持ちが、肩こりに効果があるのかも(病は気から的な)、、、なんて思ったりすることもありますが。

 

先日の箱根駅伝でも首や足にパワーテープを貼っているランナーが多くいたように思います。

その点からも、しっかり効果があるのかな?と思っています。

 

これからも使い続けたいと思っています!!

 

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村