とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

NON STOP FOOTBALL(ノンストップフットボール)の真実 第5章-2018覚悟 湘南スタイルの真実を見た!

f:id:misomane:20190206203052j:image

 

単純に感動する。

湘南サポーターでもそうでなくても、サッカー好きなら必見です。

 

 

 

Jリーグの中で決して予算規模の大きい方では無い、湘南ベルマーレがどのようにして、ルヴァンカップの優勝とJ1の残留を達成したのか。

その道筋が、ロッカールームでのやり取りを中心に描かれています。

 

すでに何度も視聴してる自分の良かったポイントをまとめてみます。

 

 

 

○当たり前だがプロは本気。それを感じられる。

連敗が続いた後のロッカールーム。選手が意見をぶつけ合うシーンがあります。この時の会話が感情的に見えるが実は意図的であることに驚きます。

なぜ自分たちの意見、本心を言わないのか?と疑問を感じた選手がきっかけを作り、本音を言い合う流れになるシーン。すごいなと感じます。

まさに自分の仕事でも活かせる部分もあるなと。チームや仲間って実は偶発的に集まった集団でもあって、それをどこまで深められるかって大切。

上部だけの仲間は簡単に作れますが本音を言い合える仲間はなかなか作れない。

ただそれが作れた時は、チームとしては強くなるんだな。とプロサッカー選手達の本音のぶつけ合いを見て感じました。

まー自分の仕事で急にキレ出したら、間違いなく引かれますが…。

 

○監督な声がけとマネジメント

プロサッカー選手という、かなり強い個性の集団をまとめる監督の手腕も必見。

監督から感情をぶつけるシーンもあれば、選手がぶつかった後は多くを語らずに話合いを促すところなど。とてもら巧みな声がけ、マネジメントをされる監督だな。と感心する。

 

 

○サポーターと一緒に戦っているという事

ルヴァンカップの準決勝。柏レイソル戦がPK戦までもつれる試合となりました。

最後柏の山崎選手がPKを外すなんですが、そのシーンのサポーターの雰囲気についても、監督のコメントを入れながら言及されていました。

サポーターと一緒に戦い作り上げている空間なんだな、という事が伝わってきて好印象でした。

 

○とりあえず泣ける

オープニングのムービーはYouTubeでも見れますが、そこから感動的ですね。

試合でのパフォーマンスなど、見る側に伝わる事って実は少ないです。今回の映像だチームの内側を見る事で感情移入していってしまいます。


2018イヤーBlu-ray/DVD「NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章」

 

最後に

サッカーを見ていて物足りない試合内容、結果だとしても選手を安易に責められないな。と感じました。

これだけ真摯に本気でサッカーに向き合ってる集団。これからも湘南ベルマーレには注目していきたい。

勢いで今年の湘南のユニフォーム買いました。

f:id:misomane:20190206203449j:image