とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

ケアマネに未来はあるのか

こんばんは。

暖ったり寒くなったりと毎日気候が違うので体調崩しそう。気をつけたいところです。

 

今日はビールをぐびぐび飲みながら、ちょっとヤケになりながら考えた話です。

f:id:misomane:20190221160130j:image

 

 

 

ケアマネの未来について思い悩む

介護の業界の処遇改善が話題になっている昨今ですが、蚊帳の外の感のあるケアマネジャー。

 

度々、ケアマネの在り方について議論されるなど何となく肩身の狭い思いをしています。 ケアプランをAIに、給付管理はアプリでやればケアマネ不要になるなんて、

とある本に書かれたりもしてます。

 

この仕事に未来はあるのか?待ってる未来はどんなものか?考えてしまいます…。

 

ケアマネ必要数の縮小、整理は始まっている?

昨年からケアマネの受験資格の要件が厳格化されました。これにより受験者数が大幅に減り、加えて合格率も低下しました。

結果今年誕生したケアマネは例年よりも少なくなっています。

また今後ケアマネの担当は要介護3以上が対象となる。ような噂があったり。

ケアプランの有料化により自己作成のケアプランが増える可能性があるなど

ケアマネの資格者、必要数共に減少するような動きがあらように感じてしまいます。

 

ケアマネから介護職に戻る人も増える?

今年の増税後の処遇改善で現場のリーダー的な介護福祉士は年収440万以上か8万円程度の給与アップと言われてます

これはケアマネでいるより給料良いのでは??って事でケアマネから現場に戻る人もいそう。

ただ介護福祉士も全員その金額ってわけじゃないから、戻っても対象になるとは限らないですね。

そもそも自分は社会福祉士が基礎資格なんで関係なしです。

 

ケアマネはもっと声を上げるべき?

何となく行政とかお偉いどころからは、ケアプラン作成と、給付管理だけしてる職種と考えられてます。

しかしながら実際ケアマネが現場で行っている業務はケアプラン作成給付管理にとどまらず。

もっと生活に介入する支援をしています。

 

介護保険と車輪の両輪とかいわれていた、成年後見制度のが全く浸透していないため

少し判断能力に不安がある程度だったら、ケアマネが自己決定の支援するような場合も少なくない気がします。

成年後見の保佐とか補助って制度どこいったんだよ?っていつも思います。

 

ケアマネって『何もない人には頼られないけど、何かある人にはめっちゃ依存されるポジション』

であり、実際の支援の内容が見えにくくなっている現状もあります。

ケアマネの中でも淡白にやる人は淡白だし。お節介な人はどこまでもお節介。

この辺のケアマネの中の個人差はケアマネが解消すべき課題としてありますね。

 

しかし、一方では公正中立な仕事、利用者本位の仕事と高い理念を求める割に、単独で運営するのは困難な程度の給付しか与えない。

医療との連携が足りないだとか、御用聞きプランが多いとか、医療の努力不足や介護保険制度のアナウンス不足の側面もある問題点をケアマネだけに擦りつけられているところもあります。

この辺については、そろそろ我慢の限界じゃありませんか?高い理念は大切ですが、責任に比例する対価がなければ続けられません。

今後今までより情報に敏感な世代も介護保険を利用する立場になるでしょう。

そうなれば、ケアマネはより高いレベルを求められます。

求められるなら、こちらも求めるべきです。

責任にを伴う仕事ならそれに見合う対価を。と言うことをを声を大にして言いたいところです。

なぜか介護や福祉ってお金の話がしにくいですが。仕事に対する金銭的な評価は必要ですよね。

 

 

まとめ

という事です。酔いながらダラダラ書いてます。が、自分としては現在の時点ではケアマネの仕事は未来って霞んでます。見えません。

 

理念を追求することだけにフォーカス出来る人はケアマネとして続けられるかもしれません。

ただ自分はある程度お金を稼ぎたい、ある程度お金を稼いだら更に稼ぎたい。と言う思いがある方です

こうなると、今後の未来が不安だし。不透明に感じてしまいます。

※実際所得は同世代の平均より低いし何より今後上がる見込みがない。

 

現在の制度では、ケアマネが単独で稼げる収益はある程度天井が決まっています(標準件数や単価が決まっている以上仕方がない)。

これでは、収入の向上を見込みにくいのは当然です。

この辺の改善があればいいな。と思いつつ。いろいろ勉強して過ごしたいと思っています。

今後の動向次第ではケアマネ以外の仕事を。。。と考えている人であれば、他分野の学習を始めたり、継続しておく必要はあると思います。

 

重い現実は酒飲んで忘れたい年頃です。。。

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村