とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

ケアマネ役立ちサイト5選  

こんばんは。

今は何でも調べられる時代です。

特に介護保険制度は難解でわかりにくいことが多いです。制度の解釈に悩むとき、今後の制度の動向を知りたいときなどなどネットで調べものをすることが多いです。

今日は特によくアクセスするサイトを5つ紹介したいと思います。といいつつメジャーすぎて誰もが使っているサイトかもしれませんが。。。

 

 

 

1、厚生労働省社会保障審議会 介護給付費分科会

ケアマネである以上、制度の動向は常にチェックしておきたいもの。そういった目的でアクセスするのが厚生労働省のホームページ。

他にも統計のデータとか、気になったことを調べるときにも使いますが。特にアクセスするのが、社会保障審議会の介護給付費分科会です。

www.mhlw.go.jp

現在どのようなことが、議論に上がっているのかを知ることで、今後の動向を知る、考えることにつながります。

 

 

2、介護・福祉情報掲示

www.akai-hana.jp

最近でこそアクセスすることは減りましたが。ケアマネなり立ての頃は、毎日のように見てました。ちょっと判断に迷うようなケースや、レアケースなどにぶち当たったときに、サイト内のキーワード入力で検索するとたいていの事は出てきます。

だいたいのことには、判断の根拠となる情報も載っているので、助かります。

しかし、ここで得た情報を最終判断にしないで、得た知識を元に更に調べなおすことが、自分の知識にするためには必要だとおもいます。常に人任せにしないマインドは必要です。

掲示板なので、書いていることが正解とも限りませんし。

 

 

3、要介護認定シュミレーターじゅんのすけ

http://www.kaigobank.jp/cgi/lab/yn1/ninteichousa.html

 

ちょっと上二つとは種類の違うタイプのサイト。

認定調査に立ち会った後、暫定で利用スタートするときなど、ある程度認定結果を予測したいときに使います。シュミレーターはいくつかありますが、このサイトが個人的には一番見やすく、よくつかっています。最近では一番開くサイトかもしれません。

 

3、ワムネットor介護情報サービスかながわ

www.wam.go.jp

 

 

www.rakuraku.or.jp

自分は神奈川県の居宅ケアマネなので、介護情報サービスかながわは非常によくアクセスします。各事業所の基本情報や加算などが記載してありますし、画像や動画が見れる事業所もあるなど、事業所選定や、パンフレットが無いときの情報提供の書類として使ったりします。

全国版だと、ワムネットが同様の役割のサイトですかね。各都道府県に同じようなサイトがあるんですかね?

さっと検索するときに便利です。

 

 5、KAIGOLAB

http://kaigolab.com/

これは実用的というより、情報収集のサイト。自分とは違った切り口から現状の問題点などへのコラムが記載されており、非常に勉強になります。

介護に関するニュースは時事問題になるようなことであれば、ニュース欄を見れば良いのですが。ニュースのようにこちらからアクセスして見る情報ではなく、相手側から提供される情報を見れる場所(新聞みたいに)として活用しています。

 

まとめ

 ケアマネの仕事は判断に迷うことが多いし、改正のたびに情報を更新しなければいけません。だから常に情報収集していく必要がありますね。

良いサイトにアクセスできるだけで、短時間で得れる情報量も変わりますので、今後も良いサイトがあればチェックしていきたいと思います。