とあるケアマネ男子の日常

30代のおっさん。何となく福祉の勉強をし介護業界に入り、現在ケアマネという特殊?な仕事をするおっさんの日記。

脱サッカー観戦初心者のために意識している3つのこと 戦術論?システム??  

 

はじめに

自分はサッカーのプレー経験は小学校くらいしかありません。それ以降は友人と遊びでサッカーするとか、大学の頃にフットサルをプレーしたくらい。

そのため、サッカーに対して本気で取り組んだことがない、初心者おっさんです。

しかしサッカー見るのは非常に好きです。特にJリーグは時間があれば、チェックするようにしています。

しかしある時気づいたんですが、観た試合数の割りに戦術などにまるで詳しくないということ。

考えてみれば、そりゃそうだなという理由があります。

「何も考えずに観ていたから」

なんでもそうですが、ただぼんやり試合をみているのと、何かを意識してみるのでは見え方が変わってきます。

せっかくサッカーの試合を見る機会が多い人生を送っているので、それに対して少し専門的に深めて行きたいと思っています。

 

そこで戦術について意識してみるようになりました。しかし、本を読んだりしても、いまひとつイメージがつかめません。

「これは全て理解するのは難しいな」と言うことで、まず初心者でもわかりそうな事柄だけでに絞って見るようにしよう。と思いました。

 

と言うことで、前置きが長くなりましたが、自分が「脱サッカー観戦初心者」を目指して、意識している点を3つについて書いていきたいと思います。

f:id:misomane:20190317192542j:image

 

 

①最終ラインの人数を数える

 

攻撃時の陣形はわけわからない

もともと自分はサッカーを見るときに、4-4-2だとか3-5-2だとかシステム論を語るのがあまり好きではありませんでした。

なぜなら、場面場面で違うし、ごちゃごちゃしてて全然わからないから・・・です。

 

システムシステムといいますが、いつもその陣形を崩さないわけではありません。攻撃しているときは、サイドバックは上がってるし、ゴール前にごちゃごちゃ人はいるしで、システムなんて全然わかりません

こういった攻撃時の戦術って、意図して行われていることと、偶発的に起こっていることが混在していると思うので、初心者が理解するのは困難だと感じています。

 

ディフェンス時は形を整えることが多い

そこで、自分は全てを理解するのはとりあえず諦めて、ディフェンスラインの枚数だけは数えてみる。と言うことをするようになりました。

これがわかることで、このチームがどういう考え方なのかを想像するスタートラインに立つことができます。

※テレビ中継の場合スタメンの紹介でシステムでますが、それでは見る目が向上しないので、自分の目で確認して数える練習をします。

 

②守備のスイッチに注目する。

引いて守るか、奪いに言って守るか

またまた守備のときの話になってしまうのですが、守備にはリトリート(後ろに引いて)守る守備と、前からボールを取りに行く守備と(素人にもわかる範囲で)2つあると思います。

 

守備に行くタイミングは、そのチームのスタイルや対戦相手との力関係によって、結構変わってきます。

戦術初心者の自分でもわかるくらいなので、結構わかりやすい事象だと思います。

メリットデメリット

前線から取りに行く守備は、ある意味攻撃のための守備で、相手のゴールに近いところでボールを奪えれば、ゴールまでの距離が近く相手の数も少ないという有利な状況で攻撃をすることができます。

反面、前から取りに行った選手の後ろに出来たスペースを上手く使われれば、ピンチにもなりますね。

 リトリートする守備は後ろの枚数が多いので弾き返しやすいですが、前に攻撃の選手が少ないので、攻め込まれる時間が長くなります。

どのようなやり方でもメリットもデメリットもあるので、どちらが良いと言うことはないと思いますが、そのチームの考え方がわかる事象ですね。

 

そこで守備のスイッチを見る

相手がディフェンスラインでまわしているときから追いかけまわすチームもありますし、ハーフライン超えるくらいからプレッシャーをかけるチームもあります。またそのタイミングは試合の中でも変化するように感じます。

 

また一人で追いかけるのではなく、がFWがボールを持っている相手にプレスに言ったら、ボールを持っていない相手にも他の選手がプレッシャーに行っているか見ることも必要です。よく連動した守備という解説がありますが。

一人が奪いに行ったら後ろの選手も反応して、パスコースを切る、パスの受けてをマークするなどができているか。この辺に注目していると。

「このチーム前線からの守備が連動しているな(していないな)」なんてコメントいえるようになり。ちょっと脱初心者感を醸し出せます。

 

 

③注目の選手を作る

事前情報を見て、そのチームの中心選手をチェックしておくようにしています。

得点を多く取っている、アシストが多い、ちょっと前に特集の記事を読んだ、単純に有名人などなど。

 

正直22人プラス交代選手の動きをチェックするのって初心者の自分には無理。なので、数人の注目選手を作っておきます。

そしてできれば、ボールを持っていない時にどんな動きをしているか。まで見るようにしています。

もちろん観戦中は、ボールを追ってみることが中心になるのですが。ボールを視野の恥で捉えながらボールが行きそうなところの、選手の動き、ディフェンスライン、そして注目選手の動きまで見るようにしています。

選手個人をチェックすることで、サッカー選手個人の特徴なんかも見る目が養われると考えています。

 

終わりに

サッカーっていろんな見方があって、面白いですが、戦術的なことなど難しいことも多いです。

単純に選手同士の局面局面の戦いだけを見ていても面白いのですが。戦術的なこともわかるようになっていきたいと思います。

そんなことで、自分なりに注目している点について書いてみました。

 

おしまい

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村